artschool.cocolog-nifty.com > 【通信制・水彩画講座】菊地氏・作品集

フィリピンからの便り① 「オーロラの作品」
フィリピンからの便り① 「賀正 朝焼けの鶴」
フィリピンからの便り①「滝の作品」
フィリピンからの便り②「夕暮れの深山」-No.001
フィリピンからの便り②「夕暮れの深山」-No.002
フィリピンからの便り②「夕暮れの深山」-No.003(完成)
フィリピンからの便り③「初冬の深山」-No.001
フィリピンからの便り③「初冬の深山」-No.002
フィリピンからの便り③「初冬の深山」-No.003
フィリピンからの便り③「初冬の深山」-No.004
フィリピンからの便り③「初冬の深山」-No.005
フィリピンからの便り③「初冬の深山」-No.006(完成)
フィリピンからの便り③「初冬の深山」-No.007(額装)
フィリピンからの便り③「初冬の深山」-No.008(飾ったところ)
フィリピンからの便り④「雲海の黄山」-No.000(資料)
フィリピンからの便り④「雲海の黄山」-No.001
フィリピンからの便り④「雲海の黄山」-No.002
フィリピンからの便り④「雲海の黄山」-No.003
フィリピンからの便り④「雲海の黄山」-No.004
フィリピンからの便り④「雲海の黄山」-No.005
フィリピンからの便り④「雲海の黄山」-No.006
フィリピンからの便り④「雲海の黄山」-No.007
フィリピンからの便り④「雲海の黄山」-No.008
フィリピンからの便り④「雲海の黄山」-No.009
フィリピンからの便り④「雲海の黄山」-No.010
フィリピンからの便り⑤「ボホール島の午後」-No.000(モチーフ画像)
フィリピンからの便り⑤「ボホール島の午後」-No.001
フィリピンからの便り⑤「ボホール島の午後」-No.002
フィリピンからの便り⑤「ボホール島の午後」-No.003
フィリピンからの便り⑤「ボホール島の午後」-No.004
フィリピンからの便り⑤「ボホール島の午後」-No.005(完成)
フィリピンからの便り⑥「パラワン島の舟旅」-No.000(素材)
フィリピンからの便り⑥「パラワン島の舟旅」-No.001
フィリピンからの便り⑥「パラワン島の舟旅」-No.002
フィリピンからの便り⑥「パラワン島の舟旅」-No.003
フィリピンからの便り⑥「パラワン島の舟旅」-No.004
フィリピンからの便り⑥「パラワン島の舟旅」-No.005
フィリピンからの便り⑥「パラワン島の舟旅」-No.006
フィリピンからの便り⑥「パラワン島の舟旅」-No.007
フィリピンからの便り⑥「パラワン島の舟旅」-No.008
フィリピンからの便り⑥「パラワン島の舟旅」-No.009(完成)
フィリピンからの便り⑦「夏の思い出-ボホール島」-No.000(モチーフ画像)
フィリピンからの便り⑦「夏の思い出-ボホール島」-No.001
フィリピンからの便り⑦「夏の思い出-ボホール島」-No.002
フィリピンからの便り⑦「夏の思い出-ボホール島」-No.003
フィリピンからの便り⑦「夏の思い出-ボホール島」-No.004
フィリピンからの便り⑦「夏の思い出-ボホール島」-No.005
フィリピンからの便り⑦「夏の思い出-ボホール島」-No.006(完成図・額装)
フィリピンからの便り⑧「京の秋」-No.000(資料写真)
フィリピンからの便り⑧「京の秋」-No.001
フィリピンからの便り⑧「京の秋」-No.002
フィリピンからの便り⑧「京の秋」-No.003
フィリピンからの便り⑧「京の秋」-No.004
フィリピンからの便り⑧「京の秋」-No.005
フィリピンからの便り⑧「京の秋」-No.006
フィリピンからの便り⑧「京の秋」-No.007(完成)
フィリピンからの便り⑧「京の秋」-No.007(額装)
フィリピンからの便り⑨「厳冬の摩周湖」-No.000(資料)
フィリピンからの便り⑨「厳冬の摩周湖」-No.001
フィリピンからの便り⑨「厳冬の摩周湖」-No.002
フィリピンからの便り⑨「厳冬の摩周湖」-No.003
フィリピンからの便り⑨「厳冬の摩周湖」-No.004(完成)
フィリピンからの便り⑩「夜明け、雪のカレル橋」-No.000(資料)
フィリピンからの便り⑩「夜明け、雪のカレル橋」-No.001
フィリピンからの便り⑩「夜明け、雪のカレル橋」-No.002
フィリピンからの便り⑩「夜明け、雪のカレル橋」-No.003
フィリピンからの便り⑩「夜明け、雪のカレル橋」-No.004(完成)
フィリピンからの便り⑩「夜明け、雪のカレル橋」-No.005(額装)
フィリピンからの便り⑪「深山雪景」-No.001
フィリピンからの便り⑪「深山雪景」-No.002
フィリピンからの便り⑪「深山雪景」-No.003
フィリピンからの便り⑪「深山雪景」-No.004
フィリピンからの便り⑪「深山雪景」-No.005 展示風景1
フィリピンからの便り⑪「深山雪景」-No.005 展示風景2
フィリピンからの便り⑫「小豆島の春」-No.000
フィリピンからの便り⑫「小豆島の春」-No.001
フィリピンからの便り⑫「小豆島の春」-No.002
フィリピンからの便り⑫「小豆島の春」-No.003
フィリピンからの便り⑫「小豆島の春」-No.004
フィリピンからの便り⑫「小豆島の春」-No.005(完成)
フィリピンからの便り⑬「万川集海」-No.001
フィリピンからの便り⑬「万川集海」-No.002
フィリピンからの便り⑬「万川集海」-No.003
フィリピンからの便り⑬「万川集海」-No.004
フィリピンからの便り⑬「万川集海」-No.005(完成)

<< 前 | トップページ | 次 >>

フィリピンからの便り⑥「パラワン島の舟旅」-No.000(素材)

フィリピンからの便り⑥「パラワン島の舟旅」-No.000(素材)

村田様


コメント、ありがとうございます。

自分で努めて、やれるところまで、やってみる、そして、上級者にコメントしてもらう、
そして、それを自分で吸収して、技法の上達に精進する、というのは、やはり基本であると思いますが、この数カ月で、着実に実力はあがっていることを感じます。

(中略)

○ところで、次の絵の下書きをはじめました。
きょう、空港で絵ハガキを何枚か買って、考えてみました。

絵ハガキの写真の下書きの鉛筆画及び黒絵の具の下書きを添付します。
水彩画です。

原画の写真では、奥がふさがっているので、閉塞感があります。
絵の構図としては、たぶん、OPENにした方がいいのではないか、と思い、この部分は
変えました。

日本画のイメージで、墨を使って下書きをする練習ということで、黒水彩だけで下絵を描いてみました。 ミンダナオからマニラに週末には戻るので、その後、色をつけていきます。

この絵の狙いは、渋い中国山水画のような構図と左右の岩山、それに中央のエメラルドグリーンのような海と白い舟という、メリハリのきいた「渋さと鮮やかさ」の共存というのをテーマにしたいと思います。

原画の写真では、舟はモーターボートですが、あえて、面白さを出すために、下書きは「帆かけ舟」にしてみました。 前回のヤシと同じように、添景のようですが、以外にも、この舟が、ポイントではないか、という感じもします。

この段階で、何か、コメント、あるいは、着目点などあれば、よろしくお願いします。

菊地

【回答編はNo.003に続く】

固定リンク