« 【展示レポート】あえて、今回の作品の解説をしてみよう | トップページ | 【レポート】日本画ワークショップ「ぼかし塗りを活かして、空を描こう」 »

2017年6月11日 (日)

【告知】信州高遠美術館アートスクール 日本画基本講座@ぼかし塗りを活かして空を描こう

毎年恒例の、信州高遠美術館でのアートスクール・日本画基本講座が、2017年6月18日(日)に開催されます。

今回は、にじみ止めのない和紙(白麻紙の生紙)を用いて、グラデーションぼかしを体験し、空を描きます。
通常の日本画和紙は、厚手でシミ止めのきいたもの(ドーサ引きの雲肌麻紙など)を用いますが、和紙の特徴がより強く感じられるシミ止めのない生紙を用いて、絵具がしみこみながらぼやける様子を楽しみながら、表現の幅を広げてみようという試みです。
授業内容は、教材のプリントを参照してみてください。
(画像は告知用に草案段階の物を使いましたので、一部ネット画像を流用させてもらっています)

2017001

2017002

2017003

2017004

【信州高遠美術館・アートスクールページへのリンクはこちら】

日時

平成29年6月18日(日曜日) 午前9時30分から午後3時

会場

信州高遠美術館ホール

講師

高崎 昇平 氏、村田 裕生 氏

受講料

1,500円

材料費

2,500円

持ち物

昼食、飲み物

その他

講座で使用する道具類は全て講師が用意いたしますので、初心者の方も気軽に参加していただけます。

予約・お申し込み:信州高遠美術館
電話:0265-94-3666 ファックス:0265-94-3936

にほんブログ村 美術ブログ 日本画へ
ブログランキング参加中です。
執筆の参考・励みにもなりますので、
記事が”面白い”と感じた時だけで構
いません、上のバナークリックをお願
いいたします

|

« 【展示レポート】あえて、今回の作品の解説をしてみよう | トップページ | 【レポート】日本画ワークショップ「ぼかし塗りを活かして、空を描こう」 »

絵画教室・ワークショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182674/65395650

この記事へのトラックバック一覧です: 【告知】信州高遠美術館アートスクール 日本画基本講座@ぼかし塗りを活かして空を描こう:

« 【展示レポート】あえて、今回の作品の解説をしてみよう | トップページ | 【レポート】日本画ワークショップ「ぼかし塗りを活かして、空を描こう」 »