« 【告知】K'sギャラリー 「初夏のAllumage」展 はじまります | トップページ | 【告知】信州高遠美術館アートスクール 日本画基本講座@ぼかし塗りを活かして空を描こう »

2017年6月 5日 (月)

【展示レポート】あえて、今回の作品の解説をしてみよう

Momkumeb_20

2枚組の木目モチーフの作品を「locus」と名付けました。
日本語に訳すと、「軌跡」という意味です。

素直に日本語のタイトルにしてもよかったのですが、直接的にわからない方が想像の及ぶ余地が残るので、英語にしてみました。

ちなみに、「軌跡」という意味の単語に「Trajectory」もありますが、どちらかというと「Trajectory」は「軌道」という意味合いが強く、「locus」は「痕跡」というニュアンスを含むということで、「痕跡」のほうをとりました。

「木目モチーフ」を描いていると、”手書きの線”を描くことと否応なく向き合うことになります。

そもそも、木目を描き始めたきっかけはいろいろあるのですが、実物の木目を和紙に転写する手法の作品を制作したときに、そこはかとなく感じた「罪悪感」のような感情に由来するところがあります。

Img_2287_3
【例】木目プリント手法で制作した墨絵作品です

それはきっと青年マルスの石膏像を初めて描いたころからの「手描き信仰」の呪縛が自分の中にあるからで、だとすれば写真もコンセプチャルアートもみんな「異端」ということになってしまうわけで、そう考えただけでもそんな「罪悪感」が無意味であることは明らかですし、木目プリントという手法を選んだ時の理由はしっかりありますので、その作品を今でも否定していません。

そんな前置きを踏まえてもなお手描きにこだわることで、絵を描くことの根源的な意味に迫ってみようというのが、一連の試みの目的です。

実際の木目は、もっと大雑把でもっと複雑でもっと不思議な形をしていますので、私の描いているのは、等間隔の線を一定のルールに従って描く「パズル」のようなもので、正確には「木目ではなく木目のような模様」です。

ところが面白いもので、描くうちに単純作業にも「善し悪し」がちゃんと出てきて、悪い部分を修正することで完成度が高くなったり、気持ちがこもって来たりするようになりますが、その過程は風景や人物を具象的に描くときと何ら変わりありません。

では何が「善し悪し」なのか?といえば、流れやバランスであったり、パズルとして破たんがないか?という要素について判断している訳ですが、その基準はあくまでも自分の中にある「美意識」だけが頼りです。

そういう意味では、実物のモチーフを前にして描くときとは思考回路が違うように思われますが、構図や形の善し悪しを語ったり判断する材料について突き詰めて考えなおすと、そこに明確な正解があるわけではなく、結局は「好き嫌い」に行きついてしまうほど感覚的な「美意識」が基準になっていることに気が付きます。

さらに言えば、「良い絵」や「魅力的な作品」とは何だろうか?と考えたとき、バランスや流れがきれいに整ってさえいれば良い訳でもなく、ときに、アンバランスや破たんがあることで面白く見えたり、場合によってはそれが逆に美しく見えたりもする訳で。

そんな”不細工”な部分をあえて残したりしながら美しい形を探すという摩訶不思議な作業に取り組みながら、ひたすら木目模様を描いていくと、自分とは別の生き物のように予測不能な形が画面の中に渦巻いてくると。

客観的に考えても、まだ抽象画と呼ぶには未熟で、「模様」の域を出ない作品ではありますが、そんな思考の痕跡が線の集合体に映し出されればよいなという願いも込めて、「軌跡」という名を付けました。


にほんブログ村 美術ブログ 日本画へ
ブログランキング参加中です。
執筆の参考・励みにもなりますので、
記事が”面白い”と感じた時だけで構
いません、上のバナークリックをお願
いいたします

|

« 【告知】K'sギャラリー 「初夏のAllumage」展 はじまります | トップページ | 【告知】信州高遠美術館アートスクール 日本画基本講座@ぼかし塗りを活かして空を描こう »

展覧会レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182674/65371534

この記事へのトラックバック一覧です: 【展示レポート】あえて、今回の作品の解説をしてみよう:

« 【告知】K'sギャラリー 「初夏のAllumage」展 はじまります | トップページ | 【告知】信州高遠美術館アートスクール 日本画基本講座@ぼかし塗りを活かして空を描こう »