« 【告知】信州高遠美術館アートスクール 日本画基本講座@ぼかし塗りを活かして空を描こう | トップページ | 【レポート】信州高遠美術館アートスクール2015年・日本画入門講座@「絵具を流して、森を描こう」 »

2017年6月22日 (木)

【レポート】信州高遠美術館アートスクール2017年・日本画入門講座@プ「ぼかし塗りを活かして、空を描こう」

高崎昇平さんとのコラボで毎年開催している信州高遠美術館・アートスクールの日本画基本講座、今回は「ぼかし塗りで、空を描こう」というテーマです。

Img_1904


シミ止め加工のされていない和紙(生紙)に絵具を塗ったときの独特のにじみ味を体感してもらい、和紙の素材感を再認識するのが狙いです。

Img_1920

前回の講座でも、和紙のにじみを活かす描き方を研究しましたが、今回はなめらかなグラデーションを作り、奥行きのある空を描きます。

和紙へのしみ込み、ぼかし塗りの時の絵具の伸び、扱いやすさなどを考慮し、グラデーションぼかしには、粒子の細かい水干絵具を用います。

Sp001_3

仕上がりサイズのF3号に合わせて用意した用紙を、まずは1/4にカットして試し塗り。
この時点では、特に完成図を予想せず、好きな色の組み合わせでぼかし塗りを試す感じ。

Img_1910_2

Img_1909_2

何枚かテストピースを作っていると、夕焼け空に見えてきたり、夜空の月が描きたくなったり、、、色に導き出されるようにイメージが広がってきます。

Img_1914

制作イメージが固まったところで、本番用のF3号用紙に彩色開始!!

Img_1919

グラデーションがだいたい仕上がったところで、シミ止めのドーサを引き、パネルに張り込んで、岩絵の具での彩色に移ります。

Img_1921

岩絵の具では、雲や樹木なども描いて、空のある風景画として仕上げていきます。

Img_1953

Img_1949

Img_1950_3

さいごに、完成した作品を並べて鑑賞会!

和紙のにじみはコントロールが困難である反面、意図しない偶然性や自然現象が生み出すユニークな表情や色の深みがとても面白く、画面に起こった現象から頭の中のイメージが引っ張り出されて、まるで自分とは別の生き物が育っていくように、作者本人も思ってもみなかった作品に発展すると。

そんな不思議体験をしてもらえたのではないかと思いますし、そんな作品が生み出される場に立ち会って、たくさんの刺激をもらうこともできたように思います。

制作された生徒さんの作品と授業の様子を右サイドバーのアルバムにまとめました。
ぜひご覧ください。

アルバムへのリンクはこちら

にほんブログ村 美術ブログ 日本画へ
ブログランキング参加中です。
執筆の参考・励みにもなりますので、
記事が”面白い”と感じた時だけで構
いません、上のバナークリックをお願
いいたします

|

« 【告知】信州高遠美術館アートスクール 日本画基本講座@ぼかし塗りを活かして空を描こう | トップページ | 【レポート】信州高遠美術館アートスクール2015年・日本画入門講座@「絵具を流して、森を描こう」 »

絵画教室・ワークショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182674/65442949

この記事へのトラックバック一覧です: 【レポート】信州高遠美術館アートスクール2017年・日本画入門講座@プ「ぼかし塗りを活かして、空を描こう」 :

« 【告知】信州高遠美術館アートスクール 日本画基本講座@ぼかし塗りを活かして空を描こう | トップページ | 【レポート】信州高遠美術館アートスクール2015年・日本画入門講座@「絵具を流して、森を描こう」 »