« 秋の諏訪取材 | トップページ | イエロー・アンド・ピンク@幸手市「権現堂桜堤」 »

2007年3月21日 (水)

【展覧会レポート】第2回 村田裕生 日本画展

346030186_243

松本・井上百貨店での第2回目の個展のご報告です。

2年前の第1回展では、アメリカで発表した墨絵作品を中心に発表しましたので、私の中では、「初の本格的日本画展」と言う位置づけで制作してきました。

30点あまりの作品を一年間で制作した訳ですが、作品アイデアを搾り出す事と、それを何とか描きあげる事で精一杯で、どうなる事かと心配でなりませんでしたが、なんとか纏め上げて会期を迎えることが出来ました。

2年前の井上百貨店は、古きよき時代の活気が残っており、「墨絵展」という珍しさから新聞記事などを見て来場される方も多かったのですが、これも時代の変化なのか?百貨店自体が元気なく、静かな展覧会になりました。

その分、来場された方々とはゆっくりお話が出来てよかったですし、現状の自分には勿体無く思うような嬉しい出来事もありましたので、個人的にはこれで満足ですが、採算度外視で力を貸してくださっている画商の橋田さんに申し訳ない結果で、、、。

「長くやってると、今回よりもっと静かな展覧会だって経験すると思うし、とにかく今は描くことが大切なので、長い目で頑張るように」と、励ましの言葉を頂きまして。

これだけの数の作品を描きあげたことで、作画においての経験値はだいぶ上げることが出来ましたし、自分の絵の力のなさもリアルに認識できたように思いますので、今回の結果を今後プラスに転じるべく、今後頑張って行こうと思います。

●会期:平成19年3月14日(水)~20日(火)
●会場:長野県松本市、井上百貨店・別館6F「ギャラリー井上」

|

« 秋の諏訪取材 | トップページ | イエロー・アンド・ピンク@幸手市「権現堂桜堤」 »

展覧会レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182674/42889964

この記事へのトラックバック一覧です: 【展覧会レポート】第2回 村田裕生 日本画展:

« 秋の諏訪取材 | トップページ | イエロー・アンド・ピンク@幸手市「権現堂桜堤」 »